血と骨 濡れ場の情報

血と骨 濡れ場の情報です。

血と骨 濡れ場

血と骨(映画)では、濱田マリと中村優子の濡れ場を見れます。

血と骨 濡れ場 – 血と骨(映画)のあらすじ

済州島から一攫千金を狙って大阪に渡ってきた金俊平は、蒲鉾工場で職人となって働いていた。

ある日、李英姫という子持ちの女に目をつけると強姦し、強引な形で結婚する。

英姫との間に花子と正雄のふたりの子供をもうけるが、酒を飲んでは荒れ狂い暴力を働くという毎日を送っていた。

戦後、行方知れずだった俊平が弟分らを従えて蒲鉾工場を始め、大成功を収めて巨額の富を得る。

しかし、妾を作ったり高利貸しを始めたりと、相変わらず傍若無人な行動をとっていた・・・。

血と骨 濡れ場 – 血と骨(映画)の感想

在日朝鮮人の一代記。

実在した男は身長180cm超え、体重100kg近い巨漢で暴力団員にも恐れられたそうな。

そんな男が家族に暴力をふるい、勝手気ままに生きていく様を描いています。

ビートたけしの演技が素晴らしいのですが、金俊平のあまりの凶暴さや身勝手さに観ていてしんどくなる作品です。

濱田マリ、中村優子のヌードや濡れ場も見所の1つです。

血と骨 濡れ場 – 血と骨(映画)のキャスト・スタッフ

金俊平役  ビートたけし
李英姫役  鈴木京香
金花子役  田畑智子
朴武役  オダギリジョー
高信義役  松重豊
山梨清子役  中村優子
金春美役  唯野未歩子
鳥谷定子役  濱田マリ
張賛明役  柏原収史

監督・脚本  崔洋一
原作  梁石日
音楽  岩代太郎 / 鄭義信
製作  若杉正明

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました